キャンプ用品

ハイランダー リクライニングローチェアは3000円で買える優秀チェア!【レビュー】

ハイランダー リクライニングローチェアの展開状態

2018年夏にキャンプデビューしたLeoです!

キャンプ用品ってものすごい種類がありますよね、選ぶのも本当に大変。

 

大人2人子ども2人の標準的な4人家族のわが家がひとつひとつ検討し、実際に買いそろえたキャンプ用品たちをご紹介していきます!

 

今回はチェアです!

ハイランダー リクライニングローチェア

アウトドア通販大手ナチュラムのプライベートブランド「ハイランダー」から発売されているリクライニングローチェアです。

本体生地:ポリエステル60D
フレーム素材:アルミ
サイズ:48×61×71cm
収納サイズ:62×64×7cm
座面高:地面から約20cm
耐荷重:80kg
本体重量:2.8kg
収納袋付き

ロースタイルに合う座面高に、4段階のリクライニング機能付き。

アルミフレームですが木製のひじ掛けのおかげでナチュラルなリビング作りも邪魔しない優等生です。

ハイランダー リクライニングローチェア 外観

ハイランダー リクライニングローチェアの梱包箱

ナチュラム印の無骨なダンボール箱に入って送られてきました。

 

ハイランダー リクライニングローチェアの梱包箱

「Rikuraininngu Ro-tyea」

英語のスペルなんて完全無視のローマ字表記が男らしい。

 

ハイランダー リクライニングローチェアの梱包状態

ダンボールの中にはビニール袋に入った収納ケースが。

 

ハイランダー リクライニングローチェア収納ケース

ビニール袋から取り出すとこういう感じ。

 

収納ケースの生地は決して高品質ではありません。

必要最低限といったレベルです。

破れると持ち運びに不便なので乱雑に扱わない方が良さそう。

 

ハイランダー リクライニングローチェア収納ケース取っ手

持ち手はこれなら肩かけもできるかなーといった長さです。

 

ハイランダー リクライニングローチェア収納ケースマジックテープ部分

中央にはマジックテープ式の止め部分。

これがあると袋の口が広がらなくて助かります。

 

ハイランダー リクライニングローチェア折りたたみ状態

折りたたまれた本体。

ひじ掛け部分にはキズを防ぐために保護材が巻かれていました。

 

ハイランダー リクライニングローチェアの折りたたみ状態

横から見るとこういう状態です。

これを展開していくと

 

ハイランダー リクライニングローチェア展開中

こうなって

 

ハイランダー リクライニングローチェアの展開後

こうなる。

 

結構デザインがいいと思うんですよ。

色のバランスですかねー?

 

ロールトップテーブル2もそうですが、ハイランダー製品ってわりとぼく好みなんです。

色はカーキとブラウンの2色です。選んだのはブラウン。

 

ハイランダー リクライニングローチェアのリクライニング1段階目

1段階リクライニングさせるとこう。

 

ハイランダー リクライニングローチェアのリクライニング2段階目

リクライニング2段階目。

けっこう傾いてきました。

 

ハイランダー リクライニングローチェアのリクライニング最大

最大にリクライニングするとこうなります。

ここまでくるとほぼ空を見上げるような形になりますねー。

 

ハイランダー リクライニングローチェアのリクライニング機構

リクライニングは、ひじ掛け下の噛み合わせをスライドさせることで行います。

ちょっとコツがいりますが、例によって1度やれば2回目からは楽勝。

 

ハイランダー リクライニングローチェアの可動式枕

枕はコレ。

そこそこの厚みがあっていい感じです。

使用しない場合には後ろに回してどけることができます。

 

ハイランダー リクライニングローチェア枕が無い状態

どけるとこうなる。

そして枕はシートの後ろへ。

 

ハイランダー リクライニングローチェアのシート後ろへ動かした枕

こんな状態。

ブランブランですが座っていて気になるようなことはまったくありません。

取り外せない分、紛失の心配が無くて便利。

 

ハイランダー リクライニングローチェアアルミフレームに巻かれた保護フィルム

アルミフレームには保護フィルムが巻かれています。

剥がすのにひと手間かかりますが、気を使っていて好印象です。

 

ハイランダー リクライニングローチェアのひじ掛け

ひじ掛けは明るめのナチュラル色。

同じくハイランダーのロールトップテーブル2とはもちろん相性抜群。

木目もキレイに出てましたよ!

 

ハイランダー リクライニングローチェア補強部分

あえて気になるところをあげるとするなら、前脚部の補強部分の始末。

ちょっと断面の処理が粗めです。

個体によっては不用意にさわるとケガをしてしまうものがありそうだなーという印象を受けました。

 

金属用のヤスリがあればちょっと処理してやると安心かもしれません。

ハイランダー リクライニングローチェアを選んだ理由

1 デザイン性の良さとカラー

キャンプ用品はなるべくナチュラルな色使いで統一したいわが家。

リーズナブルな価格帯のチェアってわりとカラフルな色使いのモノが多いんです。

コレはブラウンとカーキの2色でいずれも落ち着いたカラー

木製のひじ掛けのおかげで実際よりも高いイスに見える気がします。

ナイス。

2 リクライニング機能

日常から離れたキャンプですもん。

ダラーンとしたいじゃないですか。

夜空を見上げたいじゃないですか。

イスがリクライニングしたらいいなって思いませんか?

 

3 暫定的なチョイス

正直、チェア選びは難航しました。

 

スポーツオーソリティ西宮今津店とかに行って、たくさんのチェアに実際に座ってみたりしたものの、なかなかコレだというものに出会えないんですよ。

良いなと思うものはもれなく高いですし。

 

コールマンのレイチェアが背もたれも大きくていいなと思ったんですけど、複数買うとなるとちょっとコストがかかるなーとしり込みしてしまい。

 

なら思い切って安いものをと思って探してみても、ロースタイル向けのチェアって~¥2000円以内では選択肢があまり多くないんですよね。

~¥3000円まで予算を上げるといろいろ出てくるので、ネットで探して良さげだったこれを暫定的に選んだという感じです。

実際に使ってみた感想

店頭で試しに座ったりすることができなかったので、どうかなーと思ってましたがなかなか座り心地が良くて安心しました!

沈み込みすぎることもなく、ほどよくリラックスできます。

 

取り立てて軽いというわけではない分、しっかりした安定感があります。

 

座面高が約20cmとけっこう低めなのが気がかりでしたが、それも取り越し苦労。

確かに立ち上がる時にはヨイショっといった感じになりますが、低すぎて困るようなことはありませんでした。

 

ちなみにリクライニング機能は子どもに超人気

結局ぼくが座っている時間よりも兄太(6歳)が座っている時間の方が長かったかも。

兄太は最大にリクライニングさせて星空をずーっと見上げてました。

 

アウトドア通販サイト ナチュラムについて

ハイランダーというブランドはアウトドア通販サイトのナチュラムのプライベートブランドです。

低価格でありながらツボをおさえた商品を出していて、キャンパーの中でも人気のあるブランドですね。

 

ただ、いろいろネットを調べているとナチュラムについては好意的でない口コミもチラホラ。

主に梱包に関しての不満が多いです。

 

今回、いくつかのモノをナチュラムで買いましたが、確かに梱包についてはAmazonとかに比べると一段落ちるなーという印象です。

 

多少の丁寧さに欠ける部分はあるとして、そこを知ったうえで利用すれば大丈夫かなと思いました。

 

ナチュラム自体、数多くのアウトドア用品を扱う老舗サイトですし、当然ですが利用者もたくさん。

批判的な口コミは多少は仕方ないのかもしれません。