キャンプ場

キャンプ場レポ|若杉高原おおやキャンプ場【星空がきれい全国第1位】

若杉高原おおやキャンプ場ゲレンデ上方からの風景

こんにちは。2018年夏にキャンプデビュー!一家4人でキャンプを楽しむLeoです。

今回は8月に訪れた「若杉高原おおやキャンプ場」についてのレポをお届け。

関西を中心にキャンプしてる方ならきっと気になるキャンプ場ですよね?

環境省認定「星がきれいに見えるまち全国1位」はダテじゃなかった!

若杉高原おおやキャンプ場

若杉高原おおやキャンプ場ゲレンデ上方からの風景

兵庫県養父市にある若杉高原おおやキャンプ場。

キャンプ場予約サイト「なっぷ」口コミ件数西日本第1位の大人気キャンプ場です。

冬はスキー場になる高原を春~秋はキャンプ場として運営しています。

キャンプ場営業は例年4月下旬~11月中旬まで。

冬キャンプはできないということですね。

基本情報

基本情報

【所在地】

〒667-0323 兵庫県養父市大屋町若杉99-2

【電話番号】

079-669-1576

【サイトの種類】

こもれびの森サイト 9区画 45㎡ 電源アリ

絶景テントサイト  7区画 7×15m 電源平日のみ要相談

星空デッキサイト  3区画+α 6×9m 電源無し

芝生テントサイト  フリーサイト 電源平日のみ要相談

*こもれびの森サイトは車は荷物の積み下ろし時のみ。その後駐車場へ

【CI/CO】

チェックイン:13:00~17:00 (芝生サイトのみ9:00~)

チェックアウト: ~10:00 (芝生サイトのみ~13:00)

【標高】

約700m 気温は平地より5~6℃低め

詳細は公式サイト

買い出し

養父ICを降りてからしばらく行くと、ミニフレッシュというスーパーがあります。

若杉高原おおやキャンプ場最寄りのスーパー 若杉高原おおやキャンプ場最寄りのスーパー 若杉高原おおやキャンプ場最寄りのスーパー

品ぞろえは充実してるので、買い物がまだの場合はここで。

この後はお店はないです!

キャンプ場から車で25分ほどかかるので、買い忘れの無いように注意です

 

若杉高原おおやキャンプ場のGoodなところ

抜群にキレイな星空

環境省認定「星がきれいに見えるまち全国1位」の養父市にあります。

降り注ぐような星空を体験できます!

爽やかな高原にあふれる緑

山に囲まれた高原はまるで緑の箱庭

絶景サイトが人気ですが、芝生サイトも爽やかで気持ちいい!

充実の遊び場が子どもウケ最高

星空ハイキング、そり遊び、トランポリン、キックバイク、ピザ手作り体験。

1泊2日では遊び尽くせないほどのエンタメキャンプ場。

キャンプ場内に温泉

キャンプ場の中にしっかり整った温泉施設が。

ゆっくりお湯につかってリラックスできます。

キャンプサイトの様子

若杉高原おおやキャンプ場のマップ

出典:若杉高原おおやキャンプ場公式HP

若杉高原おおやキャンプ場マップ

出典:若杉高原おおやキャンプ場公式HP

1枚目のマップより2枚目のマップの方が実際に近いです。

キャンプ場は大きく3つのサイトに分かれます。

芝生のフリーサイト、林間サイト、絶景サイトですね。

ここで人気なのは絶景サイトですがわが家は芝生フリーサイトに宿泊しました。

*トランポリンは温泉の前に移動しています

芝生フリーサイト

若杉高原おおやキャンプ場芝生フリーサイト 若杉高原おおやキャンプ場芝生フリーサイト 若杉高原おおやキャンプ場芝生フリーサイト

芝生フリーサイトは、夏はスキーのゲレンデになる場所。

広々としていますが、端から端まで見渡せるのである程度は子どもを自由に遊ばせていても目が届きます。

絶景区画サイトよりも開放感と安心感があって、ぼくはこっちがとても気に入りました。

悩ましいのはほとんどが傾斜で平らな場所が限られるところ。

ある程度平らな場所に設営できるのは10組程度といった印象です。

平らな場所を確保するには?

わが家が宿泊した日も、平らな場所はすでに先客で埋まっていてどこに設営しようか困ったんですが、それを逆手にとって平らな場所を確保することに成功しました。

9時にチェックインしたあと、あえてすぐには設営をせずに芝生全体を様子見。

そしてその日にチェックアウトするであろう、撤収作業を始めたキャンパーさんを見つけて「後、ココいいですか?いや、全然ゆっくり撤収してもらって大丈夫ですんで(爽笑)」とお願いする作戦。

イオンのフードコートでやるのと同じ要領です(笑)

狙いはバッチリでしたよ!

星空デッキサイト

若杉高原おおやキャンプ場星空デッキサイト

画像:若杉高原おおやキャンプ場公式HP

若杉高原おおやキャンプ場の星空デッキサイト

2018年7月から登場した星空デッキサイト。

芝生フリーサイトの斜面中腹あたりにウッドデッキが設置されていて区画サイトとして使われています。

画像のウッドデッキが水平です。斜面の傾斜がわかりますか?

わが家が泊まったときは星空デッキサイトは3区画が稼働中で、他にも建設中のデッキがありました。

ココなら確実に平らな場所で設営が可能。

ウッドデッキ用のペグも無料で貸してくれます。

夜の星空はもちろん、日中もゲレンデを一望できるので子どもを自由にさせていても目が届くのはかなりポイント高いです。

絶景サイトも素敵ですが、むしろ積極的にコッチを選ぶのもアリかと。

デメリットとしては、区画が6×9mとやや狭めなこと。

大型のテントタープは設営しにくいかもしれません。

あと、斜面を上がる分ふもとにある水場やトイレから若干距離が離れること。

ただ、これについては小さな子どもでなければ正直気にするほどでも無いと思いました。

絶景区画サイト

若杉高原おおやキャンプ場絶景区画サイト

画像:若杉高原おおやキャンプ場公式HP

若杉高原おおやキャンプ場の絶景サイト

大人気の絶景区画サイトです。

見える景色はまさに絶景。

たいてい予約がいっぱいなのでキャンセル待ちが必要かも。

芝生サイトとは建物を挟んだ反対側に位置していて、別の空間になります。

7×15mと縦長の区画が7区画並んでいます。傾斜はなく平らです。

タープ、テント、車を一列に並べてレイアウトしている人がほとんどでした。

この景色を独り占めして朝のコーヒータイムとか最高すぎて死にそう。

デメリットになるかなーと思ったことは、

サイトの端が急な斜面になっているので、小さい子どもは危ないかなーというのが一つ。

もう一つはメインの遊び場になる芝生サイトが全く見えないところです。

子どもを芝生で自由に遊ばせて、大人はその様子を遠目から見つつゆっくりするということが絶景区画サイトでは物理的に難しいです。

また、絶景区画サイトがあるスペースには遊び要素が一切ないので、子どもにとっては退屈かもしれません。

こもれびの森サイト

若杉高原おおやキャンプ場こもれびの森サイト

画像:若杉高原おおやキャンプ場公式HP

若杉高原おおやキャンプ場こもれびの森サイト

こもれびの森サイトです。

林間の電源付き区画サイト。

結構な林の中にあるので、ほぼ日陰で涼しそうでした。

芝生ゲレンデとは離れた独立した場所にあります。

ここも絶景区画サイトと同じように、芝生ゲレンデから物理的に離れているのがファミリーキャンプには気になるところですかね。

車は荷物を降ろすときは乗り入れできますが、その後は駐車場への移動が必要です。

おまけ:グランピング

若杉高原おおやキャンプ場グランピング 若杉高原おおやキャンプ場グランピング

画像:若杉高原おおやキャンプ場公式HP

こもれびの森サイトの近くに、1日2組限定のグランピングサイトがあります。

おしゃれキャンパーに人気のノルディスク製テントとタープ

料金はそれなりですけど食事もついて、ホテルに泊まるのと変わらない金額です。

オプションに大自然が付いてくると考えればホテルに泊まるよりずっといい。

自前でアイテムを用意する前に、グランピングでキャンプ体験ってのもアリですね。

受付・総合案内所

若杉高原おおやキャンプ場管理棟

車でキャンプ場に入ってきたら自然と目に入る場所に総合案内所があります。

チェックインはココで受付。

若杉高原おおやキャンプ場受付

レンタル品がある場合もここで受け取りです。

若杉高原おおやキャンプ場受付 若杉高原おおやキャンプ場受付 若杉高原おおやキャンプ場総合案内所の物販

物販はかなり充実してました。

HPの販売品一覧に載っているのはごく一部です。

遊び道具もたくさん扱ってましたよー。

炊事棟、トイレ、温泉

炊事棟とトイレは写真撮れてないです。ごめんなさい。

どちらもとっても清潔でした!

スタッフさんが日中に何度か掃除に回ってくれているみたいです。

炊事棟はいくつかありましたが、総合案内所併設のものが広くて屋根もあって使いやすそう。

トイレは全部きれいに保たれています。

温泉横食堂内のトイレは建物内にあるので虫が苦手な人はコチラへ。

若杉高原おおやキャンプ場温泉 若杉高原おおやキャンプ場温泉

温泉は、普通に温泉です。スゴイ。

コインシャワーだけってところが多いですけど、キャンプで温泉って嬉しいもんですね!

夏休み期間中や土・祝前日は15:00~21:00(入場は20:00まで)

大人600円、子ども400円(3歳以上小学生まで。3歳以下無料)

入場が20:00までというところに要注意!

絶対に外せない星空ハイキングには19:30には出発したいので、晩御飯から計画的に動かないとお風呂に入りそびれることになります!

また、日曜や祝日などは19:00営業終了、平日はシャワーだけになったりします。

公式ホームページでしっかり確認!

遊び場情報

子どもの遊びがいっぱい!

若杉高原おおやキャンプ場そり遊び

画像:若杉高原おおやキャンプ場公式HP

芝生サイトの一角がそり遊びスペースになっています。

うちの兄太と弟太は二人ともドハマり。

一心不乱に滑りまくってました。

そりは100均のものを持ち込みましたが、1日600円でレンタルもあります。

レンタルそりの方が滑りやすかったですよ。

 

若杉高原おおやキャンプ場トランポリン

画像:若杉高原おおやキャンプ場公式HP

トランポリンが3台設置されていて、20分500円で貸し切りできます。

これもヤバい。兄太と弟太とオクサマとぼくドハマり。

爆笑の20分間になること間違いなし。

 

若杉高原おおやキャンプ場そりぽちゃ

画像:若杉高原おおやキャンプ場公式HP

ココだけでしか体験できないだろう「そりぽちゃ」です。

2時間2000円(ウェットスーツレンタル込み)でぽちゃぽちゃできるみたいです。

小学生以上になるので、うちの二人は遊べませんでした。

兄太6歳(保育園年長さん)はひどく落ち込んだ様子で己の若さを呪っていました。

また来年な。

 

若杉高原おおやキャンプ場ちゃりダーランド

駐車場の一角を使う「ちゃりダーランド」

へんしんバイクが自転車2台(ペダル付き・無しで1台づつ)につき、60分500円。

ヘルメットやプロテクターも付いてきます。

わが家はストライダー派です。

 

他にもピザ手作り体験や、ランタン作りワークショップ、夏スキーやウォータージャンプと

遊びきれないぐらいにメニューがあります。

山を登ろう|所要時間1時間半程度 必ず飲み物持参で

若杉高原おおやキャンプ場マップ

遊びでたくさんのキャンプ場ですが、一番楽しかったのはシンプルにゲレンデを登っていく山登り。

この地図の「芝生フリーサイト」から「星のひろば」を目指して、シンプルにまっすぐゲレンデを登っていきます。

 

若杉高原おおやキャンプ場芝生フリーサイト

この斜面を登ります。

 

若杉高原おおやキャンプ場の傾斜

正直、かなりキツイ。

中腹に差し掛かると傾斜がこんなことになる。

カメラの水準器で水平を出して撮影しているので、この傾斜がガチのヤツですなんですけど、体感的にはこんなもんじゃありません。

マンガみたいにゴロゴロゴロゴローって転がり落ちるぐらいの感じです。

でも、振り返ったときに絶景は本当にハンパない。

 

若杉高原おおやキャンプ場ゲレンデ上方からの風景 若杉高原おおやキャンプ場ゲレンデ頂上付近からの光景 若杉高原おおやキャンプ場ゲレンデ頂上付近からの光景

キャンプ場全体を一望できます。

兄太6歳と一緒に踏破しました。

 

ふもとから頂上まで行って帰ってくるには結構な時間がかかります。

1時間半はかかったんじゃないかしら。

出発するときに飲み物を忘れないようにした方がいいです。

 

頂上に着いた後の帰り道ですが、登ってきた斜面は傾斜がきつくて下るには危険を感じるレベルです。

 

なので、ココは星空ハイキングのコースを降りて帰るのがおススメ。

夜真っ暗な中を歩くことになるコースの下見がができるというのは、この山登りの大きなメリットになります。

 

若杉高原おおやキャンプ場のマップ

この地図の赤い足跡のコースを歩いて帰ります。

 

若杉高原おおやキャンプ場星空ハイキングコース

途中、こんな感じの風景が見れます。

 

若杉高原おおやキャンプ場星空ハイキングコース

「星のひろば」よりやや下に進むと、足元が悪い一帯がしばらく続きます。

歩きやすいクツを履いた方がいいです。

 

帰り道ではそりぽちゃやウォータージャンプが見れますし、リフトの乗降口を確認することも出来ます。

林間サイトやロッジも通るので、キャンプ場の全体を見ることができますよー。

 

星空ハイキングで真っ暗な中で歩く前に、山登りをして明るいうちにコースを確認しておくと安心でしたよ!

星空ハイキング|長袖は絶対必要。歩きやすいクツで

若杉高原おおやキャンプ場星空ハイキング

この若杉高原おおやキャンプ場でキャンプするなら、この星空ハイキングに参加しないなんて選択肢はありません。

環境省認定「星が最も輝いてみえる場所」全国第1位はダテじゃないです。

参加費はおとな600円、子ども400円(3歳以上)

 

往路のリフト運行は20:00~20:30になっていますが、

星のひろばでのスタッフさんによる星空ガイドが20:15~開始なので、

20:00ジャストにリフトに乗るのがベスト。

 

リフトを降りてから10分ほど歩けば、星のひろばです。

足元悪いので必ず歩きやすいクツで。

寝転んで空を見上げられるようにレジャーシート持参がおススメ。

それとかなり冷え込むので絶対に長袖を持って行ってください。

わが家は8月上旬に参加しましたが、子どもにはフリースを着せました。

それでちょうどいいぐらいの寒さです。

 

準備万端で空を見上げると、一面に散りばめられた星。

感動しました。

 

カメラをテントに忘れたんで写真ないです。

・・・泣

わが家初の二泊三日キャンプ!

二回目のキャンプにして、初の二泊三日キャンプになりました。

やっぱり移動の無い中日があると気持ちの余裕が全然違いますね!

若杉高原おおやキャンプ場での設営

初キャンプの時には2時間かかったテント設営も多少はマシになりました(笑)

テントに2時間かかった影響で設営できなかったタープも無事に立てられました(笑)

でも、この二泊三日のうちにテントを移動させる羽目になったんです(泣)

それはまた別記事で。

 

若杉高原おおやキャンプ場で飛行機遊び 若杉高原おおやキャンプ場で飛行機遊び

子どもたちは飛行機遊びも。

 

若杉高原おおやキャンプ場でマシュマロタイム

バーベキューの準備の手伝いもしてもらいました。

 

二泊三日のキャンプって、過ごし方はゆったりになるんですけど荷物がすごく増えます。

着替えが丸1日分増えるし、なにより食事が3回も増えます

 

2回目のキャンプもいろいろと反省が多かったです(苦笑)

まとめ

若杉高原おおやキャンプ場は高評価もうなずける充実のキャンプ場でした!

絶景区画サイトはもちろん素晴らしいんですが、ここのキャンプ場のオイシイところはむしろ芝生フリーサイト側に集中しています。

今度リピートするときも、うちは芝生フリーサイトにすると思います。

ただ日によっては芝生フリーサイトもかなりの数のテントであふれかえるみたいなので、シーズンを外して訪れるのがいいかもしれませんね!

星空ハイキングは2018年は11/10まで。

晴れの日に是非!