キャンプ場

キャンプ場レポ|スノーピーク箕面キャンプフィールド【キャンプデビューはここでOK】

スノーピーク箕面キャンプフィールドでのマイサイト

こんにちは。2018年夏にキャンプデビュー!一家4人でキャンプを楽しむLeoです。

今回はわが家の記念すべき初キャンプで訪れた「スノーピーク箕面自然館・キャンプフィールド」についてお届け!

スノーピーク箕面自然館・キャンプフィールド

スノーピーク箕面自然館の表示

「スノーピーク箕面自然館・キャンプフィールド」は大阪府・箕面にあります。

全国で5カ所しかないスノーピークが運営するキャンプ場の1つ。

基本情報

所在地
スノーピーク箕面自然館
 〒563-0252 箕面市下止々呂美962
スノーピーク箕面キャンプフィールド
 〒563-0252 箕面市下止々呂美
サイトの数
 電源付きオートサイト 20
 オートサイト 70
電話番号
 072-732-2588
営業時間
 スノーピーク箕面自然館 10:00-19:00
 スノーピーク箕面キャンプフィールド
  チェックイン :14:00~18:00
  チェックアウト:9:00~11:00
定休日
 毎週火曜日(ただし祝日、繁忙期は営業)
詳細は公式HPをご覧ください
「箕面自然館」はスノーピーク製品を販売する店舗で、
「キャンプフィールド」がキャンプ場です。
箕面自然館で、キャンプフィールドでのキャンプの受付を行っています。

スノーピーク箕面キャンプフィールドのgoodなところ

  • スノーピークが運営
スノーピークが運営するキャンプ場は全国で5カ所だけ。
スノーピーク好きでなくても気になりますよね?
  • 大阪中心部から車で40分のアクセス
近いは正義。
万が一、誰かが体調を崩してもすぐに街中に戻れます。
  • 街に近いのに自然豊か
街への近さを感じさせない自然が広がってます。
サイトから住宅街が見えるなんてことは無いので
安心してください!
  • 車で15分の距離に大型店舗
イメージ通りの大型店舗です。
スノーピークとコールマンの店舗も入ってます。カンペキダ。

 

ぼくが初キャンプにココを選んだ最大の理由は街に近いというところです。

子どもが急に体調を崩して、最悪救急車を呼ぶなんてことになってもここならすぐに来てもらえます。

 

箕面自然館で受付

スノーピーク箕面自然館入口

まずは箕面自然館で受付。

 

廃校になった中学校の体育館をそのまま活用しています。

 

もちろんキャンプしなくても買い物ができます。

ひたすらスノーピーク製品が置いてあるので、スノーピーク好きは一度は訪れるといいですよ!

 

ここで受付をして、必要に応じてレンタル品を受け取ります。

 

その後、もう一度車に乗ってキャンプフィールドへ移動。

移動ルートはちゃんと教えてもらえますし、簡単なので心配ありません!

 

スノーピーク箕面キャンプフィールド管理棟への道

キャンプフィールドの入り口から、管理棟へ向かう道です。

森。森。森。

 

入口が新興住宅地の中にあるので始めは心配になるかもしれませんが、自然感はばっちり大丈夫。

その新興住宅地も「箕面森町」というネーミングで売り出してるぐらいなので安心してください(笑)

 

キャンプフィールドのマップ

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドマップ

※地図は拡大できます

 

A~Dと大きく4つのサイトに分かれています。

 

今回わが家が泊まったのは「サイトA」。

電源付きサイトはここに集まっています。

 

サイトの場所は選べません。

管理棟

スノーピーク箕面キャンプフィールド管理棟

管理棟です。

ここでサイト番号を教えてもらいます。

すぐ前に車を止めて大丈夫ですよ。

板氷やロックアイスが売られています。

キャンプ場内の様子

キャンプフィールド内の様子がわかる写真を何枚か。

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドのサイトの様子

サイトCです。

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドのサイトの様子

同じくサイトC。

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドサイトの様子

管理棟前サイトです。

バイクのソロキャンパーさんがいました。

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドのサイトの様子

貯水池です。

ここでは水遊びはできません。

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドのサイトの様子

 

7月下旬に訪れたんですけど、天気が良かったこともあってめちゃめちゃ気持ちが良かったです。

キャンプ場全体として、緑の中に溶け込んでのんびりするイメージですね。

標高は170mなので、気温は平地と変わりません。

 

全部で90ある区画は12m×12mの144㎡前後。

単純に広いので、隣のサイトとも程よい距離感。

プライベート感はばっちりです。

子どもの遊び場

スノーピーク箕面キャンプフィールドジャブジャブ広場

ここはジャブジャブ広場での川遊びがメインになります。

ゴロゴロとした石が転がっているので、マリンシューズがあれば安心。

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドで見つけたサワガニ

サワガニがいるぐらいにキレイです。

 

もちろん、森なので虫捕りも余裕。

網を持って走り回ってる子もたくさんいましたよ!

炊事棟・トイレ・お風呂シャワー

スノーピーク箕面キャンプフィールド炊事棟 スノーピーク箕面キャンプフィールド炊事棟

炊事棟は3カ所。

蛇口はたくさんあったので、混むことはないでしょう。

サイトによっては炊事棟までちょっと距離があるかもしれません。

 

スノーピーク箕面キャンプフィールド炊事棟

給湯器まであります!

冬場の水って冷たいですもんね。これなら冬でも快適にキャンプができそう。

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドのトイレ

トイレも3カ所。炊事棟と併設されています。

 

ちゃんと入口が閉められるようになっているので、トイレに虫が山のように張り付いてるなんてことはありませんでした。

 

シャワーは管理棟のところに1カ所2台あります。

100円/5分で、シャワーを止めている間は時間がストップします。

シャンプーやボディソープは要持ち込みです。

 

このシャワーがダダ混みでした。

30分くらいは待ったかな?タイミングをずらしていくのが良いかもですね。

 

自然館まで戻ればお風呂があります。

スノーピーク箕面箕面自然館

この建物のなかに浴場が。

平日 15:00~19:00(18:30受付終了)

土曜・祝前日 15:00~20:00(19:30受付終了)
大人300円、子ども(3歳以上)150円、3歳未満 無料

営業時間がちょっとシビアですね。

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドの自動販売機

自動販売機は500mlのペットボトルが160円前後。

子どもが飲めるものは種類が少ないので、キャンプ場に来る前にやっぱり買っておくのがいいと思います。

人生初のテント設営は2時間もかかった

スノーピーク箕面キャンプフィールド初のテント設営

人生で初めて設営したテントです。

 

設営になんと2時間もかかりました。

 

15時から設営を始めて、テントが完成した時点で時計の針は17時。

さすがにガクゼンとしました。

 

ありがたいことに日陰になっていたこともあり、タープ設営をあきらめる事態に(泣)

 

主な敗因は3つ

  1. 事前に試し張りをしなかった
  2. なのに設営動画を一度しか見なかった
  3. 出来もしないモヤイ結びにこだわった

 

何回も何回もスマホで確認してたらそりゃ時間かかりますよね。。。

なんでも予習が大事です(泣)

 

でも、テント設営めっちゃ楽しかったんですよ。

まったくしんどくなくって気が付いたら時間が過ぎていたって感じ。

キャンプハイ。

 

その間、兄太と弟太はオクサマに連れられてジャブジャブ広場で

目いっぱい楽しんでいました(笑)

 

ちなみにサイトAは細かめの砂まじりの地面。

不慣れなせいもあって、ペグ打ちには多少手間がかかりました。

付属のジュラルミンペグは何本かがグニャリ。

先にソリッドステークを買っておいて良かった。

 

その他、大なり小なり思ってもない出来事が山ほどあったのでまた別記事にします。

何事も初めてっていろんなことがありますよね。。。

 

まとめ

「スノーピーク箕面キャンプフィールド」は看板通りのいいキャンプ場です。

初キャンプで設営やバーベキューに必死だったので、自然を味わう余裕なんて無かったのが本当のところですが(苦笑)

それでも、初心者キャンパーのわが家がキャンプに求めていた自然感やゆったり感、のんびり感をすべて楽しむことができましたよ!

レンタル品も充実してますし、キャンプデビューにはもってこいでした!